読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルワンダでにほんご

青年海外協力隊の服飾隊員でルワンダの職業訓練校に派遣中、配属先から日本語コースをしてほしいと依頼が……日本語を教えたこともない私が奮闘した3か月の記録

08 日本人ゲスト来訪!

今日は配属先に初めて日本人が来てくれました!彼は私と同じく青年海外協力隊(コミュニティ開発)の隊員で、郡庁に配属されている同期の藤原隊員(通称ワラ)です。彼は活動のひとつとして職業訓練校で「起業家になるための授業」を行っています。特別授業として、ワラ先生の起業の授業と日本語の授業を行いました。

f:id:rwanda-japanese:20160508171143j:plain

驚いたのは配属先の対応でした。ゲストに日本人が来るということで、普段教室には電気も通っていないのに、マイクとスピーカーを設置するために、ちょっと離れたところから電線を引っ張って準備するというルワンダ人の気合の入れ様。 

f:id:rwanda-japanese:20160508171405j:plain

電線を引っ張ってきて、、、

f:id:rwanda-japanese:20160508172551j:plain

 スピーカーとマイクを設置!

ということで、これはとても嬉しいことですが、準備のために8時からの授業予定が1時間半以上押して9時半過ぎのスタートとなりました(笑

そして今回は日本人二人ですることになった「日本語」と「起業家になるための授業」には、校内の先生、生徒が全員参加することになりました!

 

午前中にワラと私で日本語レッスン。今日のテーマは「好きと嫌い」
その前に、折角私以外に日本人が来ているので、前回まとめた日本語で「自己紹介」をしました。

f:id:rwanda-japanese:20160508171434j:plain

 趣味が空手と言った生徒は、「型」を披露してくれました。

f:id:rwanda-japanese:20160508171137j:plain

 

そしてテーマの「好きと嫌い」…

f:id:rwanda-japanese:20160521225258j:plain

Step 1 好きなものを聞いてテーマを決める(現地語)
ルワンダ語で生徒数人に何が好きなのか聞いたところ、食べ物を答えた生徒が多かったので「食べ物」をテーマにしました。

Step 2 好きな食べ物は何ですか?(現地語)
こんな答えが返ってきました。

「お米、肉、バナナ、ドーナツ、ポテト、さつまいも、アボカド、キャッサバ、ヨーグルト」など

Step 3 生徒同士で会話の練習

「使う文」
Q:好きな食べ物は何ですか?
A:好きな食べ物は○○です。

f:id:rwanda-japanese:20160521225303j:plain

Step 4 嫌いなものについて(現地語)

生徒に嫌いなものを聞いてみると、食べ物ではなく動物が多かったです。

「ヤギ、牛、豚、猫、犬、ニワトリ」など

Step 5  生徒同士で会話の練習

「使う文」
Q:嫌いな動物は何ですか?
A:嫌いな動物は○○です。

やってみてハッとしたのが、「嫌いな動物」を聞くシーンなんてないなと思い、後で反省しました…


Step 6 
 簡単なまとめ
「好きな/嫌いな食べ物は○○です」


Step 7 
 ○○が好き、○○が嫌いの導入(別の言い方をさらっと紹介)
「私は○○が好き/嫌いです」


Step 8 動画撮影

まとめとして好きなモノと嫌いなモノを言ってもらいました。今回は生徒が30人くらいいたので、動画撮影は挙手制にしました。今回の「好き、嫌い」のトピックで話していると、好きな「人」について話題になり、好きな人は誰ですか?も教えたところ、大盛り上がりでした! 恋愛ネタは万国共通ですね!

www.youtube.com

 

最近は1回目の授業で教えた「○○は日本語で何ですか?」と積極的に質問してくる生徒も増えてきたように思います。例えば・・・・靴、人、妻、夫、蚊、お父さん、お母さん、お兄さん、息子、校長先生、外国人、勉強 など。

また、先生は何が好きなの/嫌いなの?と質問してくれる生徒もいます。生徒と一緒に授業を作っている感じがして、日本語を教える楽しさを感じました。


今日のルワンダ語は、食べ物に関係して「ドーナツ」です!

www.youtube.com

 

*****

生徒たちにとって私以外の日本人と話すことは、刺激にもなるし、習った日本語を使う練習にもなるので、同期が来てくれたことは良い機会になりました。先生達も同期が来ることを楽しみにしてくれていたし、授業にも積極的に参加して楽しんでくれていたのかなと思います。日本語の授業を受けた後も、「私は○○が好きです」と言って使ったり、もっと日本語勉強したいとも言ってくれました。

そして、遠方より足を運び、特別授業に協力してくれた同期やゲストを受け入れてくれた校長、先生方に感謝しています。

僻地なのでなかなか来ることが難しいですが、校長先生はいつでもウェルカム!と言ってくれるので、是非沢山の日本人に遊びに来てもらいたいですね。

f:id:rwanda-japanese:20160508171530j:plain